「名探偵コナン カード探偵団 mission2 〜古の秘宝を探せ〜」開始

ARG

カード探偵団の第2弾「〜古の秘宝を探せ〜」がいよいよ発売になったようです。Amazon で注文していた基本パック1BOXと、ガイドパック限定版が本日届きました。一方、郵便受けにはメディアファクトリーからの封筒が。同封されていた手紙によると、前作で住所…

ゲーム開発で独自言語が生まれるわけ

続:ゲーム開発現場で多くのオレオレ言語が生まれるのはなぜ? - kなんとかの日記トラックバックを頂いていたことに、W.Deeさんの日記経由で上記記事を見て初めて気づいた体たらくなわけですが。話題は「ゲーム開発現場で多くのオレオレ言語が生まれるのはなぜ…

近日出版のゲームプログラミング関連書籍2点

実物をゲットしたらまた感想を書きますが、近日発売予定のゲームプログラミング関連書籍を2点ご紹介です。 スクリプト言語による効率的ゲーム開発 C/C++へのLua組込み実践 (GAME DEVELOPER) ゲーム開発者待望の、ゲームに組み込むという観点からの Lua 解説…

Eclipse Plugin 開発の情報を探して……

ネット上の開発情報は、えてして古かったり勘違いしていたりしていることも多いので、複数のソース元を当たらねばなりません。と思って、GEF*1 の正しい使い方を勉強するために、CodeZine と ObserveEclipse と書籍の「Eclipseプラグイン開発徹底攻略―Eclips…

スクリプト言語へのモデル検査のサンプルプログラムを書いてみた

「モデル検査のゲームシナリオへの適用」にて、モデル検査を実開発に適用するのための基本の基本の部分を説明し終わりましたので、実際に、説明用の超簡易スクリプト言語へ、説明したモデル検査手法を適用してみるサンプルプログラムを作ってみました。まず…

ルービックキューブっぽいものをシミュレートする Perl スクリプト

某問題のために作ったものです。シミュレートするだけで、解いてくれたりはしません。 かなりのやっつけ仕事でしたので、対称性とか全然考えていない汚いコードです。R での回転操作と、Y 軸周りと Z 軸周りの持ち替え操作だけを定義して、他の操作はその組…

あんたがた ?煎 開催中

ARG

1週間前に17煎が開催されていたばかりですが、20日の夜より、小煎と呼ばれる規模の小さいあんたがたが開催されているようです。まだ正式な名称が付いていないようで、?煎と呼ばれている模様。経緯や問題などはまとめblogやまとめWikiを参照してください。今…

中島震「SPIN モデル検査」近代科学社

先日の CEDEC のセミナーで NII の石川先生が勧めていらっしゃった書籍をさっそく買ってみました。タイトルどおり、SPIN というモデル検査ツールの本なのですが、SPIN のツールとしての使い方で終わっていないのがよいですね。簡単なモデル検査の概論から、S…

ひらがな対応のシーザー暗号の Perl スクリプト

シーザー暗号をかける Perl スクリプトをついカッとなって作ってしまいました。できたと思ってスレを見たら、すでに解かれてしまっていたりw標準入力にいれれば、標準出力から答えが出てきます。シーザー暗号は、ずらす値を正負逆にするだけで、同じプログ…

あんたがた17煎終了

深夜2時くらいに無事終了しました。問題を工夫しての終盤の盛り上げ方も良かったですね。システムはかなり複雑でしたが、スレッド的には好評だったようです。17回もやっていると、新しい刺激が必要だということでしょうか。同時に4問解けるので、何かでき…

The Lost Ring 無事終了

ARG

ARG 繋がりでメモしておきますが、北京オリンピックに向けて実施されていた ARG の The Lost Ring も、オリンピック閉会式に無事に終了いたしました。終了後は、公式blogで、スポンサーのマクドナルドやIOCに関するアンケートが実施されていました。回答する…

あんたがた17煎開催中

ARG

先週の木曜日くらいからあんたがたの17番煎じが始まっていたんですね。17煎の 公式サイト と まとめブログ。あんたがたについては、過去のエントリ をご参照ください。1問目のネットラジオで説明されていますが、今回は毎回4問ずつ出題され、そのうちどれか1…

名探偵コナン カード探偵団 Vol.2 「蘇る秘宝伝説」が12月発売

ARG

ARGFAN.COM の 第2弾「蘇る秘宝伝説」が12月12日発売? によると、Vol.2 が12月に開始予定とのことです。今度の謎は宝探し、とのこと。今度のガイドパックには限定版を用意したんですね。原作者コメントの DVD が欲しいかはともかくとして、お金に糸目を付け…

「ゲーム性が高すぎるからクソゲーだ」という考え方

今年の CEDEC は、業務の隙間を突いて、本当に行きたいところにピンポイントに参加するような形となりましたが、そんな中で一番心にひっかかった話が、あるパネルセッションでちょろっと零れた表題の話でした。目から鱗の気分です。もちろん、ニュアンスとし…

「モデル検査のゲームシナリオへの適用」を執筆中

夜行バスで無事に帰ってきました。昨日のモデル検査のセッションはおつかれさまでした。昨日のモデル検査のセッションと関連して、「モデル検査のゲームシナリオへの適用」というページを執筆中です。モデル検査の技術のうち、ゲームのシナリオスクリプトへ…

スクリプト言語 Squirrel のセッション@CEDEC

Lua の後継として紹介されることも多い Squirrel というゲーム組み込み向けスクリプト言語があります。それを実際の家庭用ゲーム機向けソフトに組み込んでみました、というセッション「Squirrel を使ったゲーム開発」がCEDECで行われる予定です。Wiiウェア第…

旧聞情報:「妖精作戦」復刊!?

普段はゲーム開発とは関係ない話題は書かないようにしているんですが、嬉しいニュースにこらえきれず。今年の2月の情報をようやく知ったのですが、笹本祐一先生の「妖精作戦」のシリーズ4作が東京創元社で復刊されるそうですよ!「妖精作戦」シリーズは自分…

モデル検査のセッション@CEDEC

セッション概要が公表されましたが、今年の CEDEC (CESA Developers Conference) にて、「モデル検証入門〜ツールに振る舞いを検査させる〜」というセッションが「CEDECラボ」の1つとして行われます。「CEDECラボ」は、ゲーム研究などの学術界と、ゲーム開発…

「エルアーク」運営開始

モバゲーでの他社参入ゲーム第1弾のひとつである、スクエニの「エルアーク(ELLARK)」がようやく本日運営を開始したようです。オープニングがいきなりフラッシュムービーで、前身にあたる「みんなdeクエスト」に比べて格段の進歩を感じさせる始まりでした。行…

The Lost Ring、東京にて宝探しフェーズへ突入

ARG

自分もあまりよく状況が把握し切れていないのですが、ついに「失われたリング」の実物の宝探しフェーズに入った模様です。こんなリングが東京のどこかに隠されているようです。ニュージーランドでの発見時の様子はこちら。詳しくは、The Lost Ring 日本語 Wi…

日本語での Out-of-Game の掲示板が argfan.com にて仮公開

ARG

ここはどう考えても Out-of-Game (OoG) ですので、直リンクを張ってしまいますが、ttp://argfan.com/forum/ に The Lost Ring 用の OoG のフォーラムを用意していただけたようです。forums.unfiction.com に相当する日本語のフォーラムが無いことが悩みでし…

エルアーク、順調に(?)延期中

未だに PC 向けページでは6月サービス開始予定となっている、スクエニの「エルアーク」ですが、サービス開始がじわじわと延びているようです。事前登録を6/24に一度締め切ったと思ったら、27日くらいに再び事前登録を再開し、また一度締め切った後で、7/3に…

日本語 ARG 情報サイト argfan.com 誕生

ARG

いつの間にか、http://argfan.com/ というサイトができていたんですね。個人運営の ARG ファンサイトとのことです。MovableType を使用しているようですが、綺麗で見やすいデザインのサイトですね。ちょうど先日、「ARG を日本で普及させるには、まず日本語…

「カード探偵団」フィナーレ

ARG

時間がないので要点のみ。「カード探偵団」が本日、終了いたしました。完。 最後はどうなったか 本日配信のヒントメール【投稿60】にて、まず、最終イベントの発生場所について、マップ上の座標の入力を求められました。入力方法は阿笠博士にメールで送信。…

「エルアーク」もうすぐサービス開始

発表時にちらっと紹介しましたが、スクエニがモバゲータウン上で展開する『メールプレイングゲーム』の「エルアーク (ELLARK)」がそろそろサービス開始をするようです。PC向けホームページには見事なまでに何の情報もないのですが、モバゲータウン上のエルア…

ARG の認知度 in アメリカ

短期の米国出張中です。通訳さんがついてしまうと、英語を本当に話さなくなって駄目ですね……。もっとも、居なかったらコミュニケーションの速度と精度が1/10くらいになってしまい、仕事にならないわけですが。さて、せっかく来たので、アメリカの人に ARG を…

ARG 普及の兆し?

日本にはほとんど情報が入ってきていませんが、アメリカでは ARG (Alternative Reality Game) はますます盛んで、同時に複数本が走っているような状況だと聞きます。日本でも、よくやく今年に入って The Lost Ring やカード探偵団などで ARG という単語をメ…

ゲームとテーマ

隣のエントリからのはみ出し話。物語系のゲームと、非物語系のゲームを分ける大きな違いとして、CEDEC などでよくお見かけする川邊一外先生が講演でよく挙げられるものが、テーマです。非物語系のゲームのほとんどは、半ば自動的に「Survive!(生きよ!)」…

「物語作品にとってストーリーは重要ではない」という主張から始まるエトセトラ

先日のエントリで、ちらっと触れた「繰り返し鑑賞される芸術としての物語作品にとってストーリーは重要ではない」という主張に関して徒然なるままに。前回、眠くて書ききれなかっただけで、大した話ではないのですけれども。なお、どちらかといえば物語作品…

仕事とプライベートと日記

先日のエントリ は、日曜深夜の眠い頭で、勢いのままに書いてしまったものだったのですが、どうもはてブのホットエントリに一瞬載ってしまったらしく、その影響で想像以上の方々の目に触れてしまったようです。ネットは怖いところです(><)ちなみに、この…

ゲームは何度も遊べる必要があるのか、から徒然なるままにインタラクティブな物語に関するあれこれ

隣のエントリで、物語を重視するゲームに replay value を付加する方法の記事を紹介しました。その際に、はたしてそもそも物語重視のゲームが何回も遊べる必要があるのか、という観点での議論はしませんでした。この話はいろいろな要素を含む上、ごく個人的…

Using Low Level Stories

ネットで調べ物をしていたところ、某所で以下のような書き込みを見つけました。 「シナリオの無いストーリィ」については 以下のサイトが非常にうまく語ってくれています。 Using Low Level Stories http://www.gamedev.net/reference/design/features/lowle…

「カード探偵団」の楽しみ方

ようやく、「名探偵コナン カード探偵団」を楽しむためのプレイスタイルをつかめた気がしますので、メモしておきます。 1. まずはゲームデザイナを信じる まずは、カード探偵団のゲームデザイナさんが、私たちを楽しませるのに十分な能力を持っていることを…

「カード探偵団」コンプリートはしたものの……

先日、「名探偵コナン カード探偵団」の途中経過として、ARG 的な仕掛けについて触れましたが、その後、無事に100枚コンプリートいたしました。20名少々の1位集団に仲間入りです。総コストは2万円程度でしょうか。ダブっているカードをうまく処理すれば、も…

ゲーム組み込み用の ECMAScript 処理系 CriScript

404 Not Found によりますと、ゲーム組み込み用に作られた ECMAScript 処理系の CriScript がβ公開されているようです。FAQ などを読む限りでは、特徴として: ゲームへの組み込みを念頭に作られた ECMAScript の処理系 PC と Xbox360 で動作確認 BSD ライセ…

Stackless Python は家庭用ゲーム機上で使えるか

たまにはテクノロジ寄りなことも書かないと!と思い立ったわけではありませんが、今年の GDC (Game Developers Conference) で Stackless Python のショートセッションがあったようなので、旧聞ですがご紹介。セッションの概要: "Snakes on a Seamless Livin…

「名探偵コナン カード探偵団」をプレイ中

先日紹介した名探偵コナンを題材とした「体験型ミステリーゲーム」のトレーディングカード「カード探偵団」を遊んでいます。全100種類のカードがあるのですが、34パック(170枚)購入時点で90種類揃い、その後1BOX買い足して49パック(245枚)購入したところで95…

The Lost Ring の今

ワールドワイドで展開中の ARG である "The Lost Ring"。詳細については 一月ほど前に書きました ので、現状の短信。 登場人物は blog に飽き足らず、twitter も使うようになりました。 世界の活動状況が Google Map とのマッシュアップ Web アプリ で閲覧可…

ARG として売り出し中の「名探偵コナン・カード探偵団」

–k•Ä¶‚Ü‚ê‚Ì‘ÌŒ±Œ^ƒ~ƒXƒeƒŠ[ƒQ[ƒ€‚Á‚ĂȂɁH@u–¼’T’ãƒRƒiƒ“EƒJ[ƒh’T’ã’cv - ITmedia +D Games 【PR】ブレイク寸前の”ARG”作品! ネットを駆使するカードゲーム『名探偵コナン・カード探偵団』 - ファミ通.com まず最初に。ARG (Alternate Reality Gam…

スクエニがモバゲーで“メールプレイングゲーム”を提供

DeNA社のプレスリリースを始めとして、各メディアに記事が出ていましたが、1000万人のユーザを抱えるマンモス携帯サイトのモバゲータウンが、ゲームポータル化して、他社提供のゲームコンテンツの配信を始めるようです。アイテム課金ができるように、従来の…

感性制御技術 ST が「夢ねこDS」に採用

日本SGI、感性制御技術STがセガの「夢ねこDS」に採用 | 開発・SE | マイナビニュース以前からウォッチしている日本 SGI の(というより、AGIの)ST が、「ココロスキャン」に続き、SEGAの「夢ねこDS」に採用されるようですね。STは入力音声から発話者の感情…

DS「タイムホロウ 奪われた過去を求めて」コナミ

ルクス・ペインとの違いが分からないと巷で噂のタイムホロウもクリアしました。正確には計っていませんが、クリア時間は8時間程度でしょうか。ボリュームは軽めではあるものの、後半はぐいぐいと引きずられるように一気にプレイしてしまいました。歩郎がある…

DS「すばらしきこのせかい」スクウェアエニックス

去年の夏に発売されたスクエニの「タッチアクションRPG」です。発売時に買ってはいたものの、先日ようやくクリアしました。なんといいますか、とてもユニークな試みに数多く挑戦しつつも、それでいて完成度の高いゲームでした。素晴らしかったです。世間でど…

PS2「12RIVEN -the ψcliminal of integral-」サイバーフロント/KID

Never7, Ever17, Remember11 の流れをくむ、打越鋼太郎氏シナリオのアドベンチャーゲームの新作です。KID が潰れたことで一時期は発売が危ぶまれていましたが、サイバーフロント発売ということで、なんとかなった一作です。と、ここまでは前回のコピペ。初週…

日本における ARG っぽいムーブメント: あんたがた

日本に ARG の文化はこれまで無かったと勝手に思いこんでいたところ、2005年7月に AI/HA という ARG が行われていた ということを先日知りました。これが(主催者側の言葉を信じるならば)日本初のARGとなります。AI/HA 自体は、AI/HAは冷たい土の下で - 失…

PS2「奈落の城 一柳和、2度目の受難」日本一ソフトウェア/FOG

風邪を引き込んでしまったようで、この週末は自宅でけほけほ言っておりました。何とか体調も落ち着いてきましたので、忘れないうちに手短に感想をメモ。「雨格子の館」の続編となる「奈落の城」です。素直に2と付けずに、「一柳和、2度目の受難」という副題…

代替現実ゲーム "The Lost Ring" が日本を含むワールドワイドで始動

CNET Japan の記事(前編) (後編) で知ったのですが、"The Lost Ring" という ARG (Alternate Reality Game; 代替現実ゲーム) が3月より始動しているようです。しかも、日本語も含む8カ国語にローカライズされて展開しています。日本語で楽しめる ARG は初め…

Flash ベースのエンジン+Ajax ベースのシナリオ作成のノベルゲーム共有サービス

昨日のエントリにいただいたコメントで遅まきながら知ったのですが、「ノベラル」というシステムがあるのですね。 ノベラルとは、株式会社ポップリベラルの開発した、ブラウザ上でノベルゲームを作成・公開できるシステムです。 Ruby on RailsおよびFlash(A…

ブラウザ上でノベルゲームを作成・共有するサービス

ブラウザだけでノベルゲームを作成・共有「まぜまぜのべる」 - ITmedia ニュース で知ったのですが、京都創楽というベンチャー企業が「まぜまぜのべる」というサービスを始めたとのことです。現在βサービスということで、利用は無料のようですが、ユーザ登録…

3月の購入予定ゲーム

来月は珍しく遊びたいと思うタイトルが複数本出ますので、自分が買うためにメモ。下記以外では、「ルクス・ペイン」もシステムが面白そうですので若干気にはなっているのですが、実物を見てからかなぁ、と思いつつ。3月発売のソフトって、しっかり完成してい…