読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my ショートカット集

(この記事は2006/01/08に書かれたものです)

自分のために、知っていると便利っぽいショートカットをメモ。

 C-S-l: ショートカット一覧
 
 C-e: エディタ一覧のドロップダウンリスト表示
 F12: エディタをアクティブにする
 C-F4, C-w: エディタを閉じる
 C-F6, C-S-F6: Editor の切り替え
 C-F7, C-S-F7: View の切り替え
 C-F8, C-S-F8: Perspective の切り替え
 C-m: View の最大化
 
 C-Spc: コード補完
 C-1: 即時修正(エラー箇所以外でも名前の変更などが可能)
 C-S-Spc: パラメータヒント
 F2: ツールチップ記述の表示
 S-F2: 外部 javadoc の表示
 C-i: 行インデント(emacs での典型的な Tab キーの動作)
 
 Alt-S-Z, Alt-S-Y: リファクタリングのundo, redo
 
 Alt-Left, Alt-Right: ジャンプの履歴を戻る, 進む
 C-q: 最後の編集位置へ移動
 C-., C-,: 次へ/前へ
 C-S-Up, C-S-Down: 上下のメンバに移動
 C-Left, C-Right: 文節単位で左右に移動
 C-l: 指定行にジャンプ
 
 F3: 宣言(定義)へジャンプ
 C-o: アウトラインをポップアップ
 C-t: 型階層をポップアップ
 F4: 型階層を開く
 
 C-j, C-S-j: インクリメンタル検索
 C-g: 宣言をワークスペース内から検索
 C-S-g: 参照をワークスペース内から検索
 C-h: ワークスペース内での各種検索
 C-S-u: ファイル内での出現箇所の検索メニューをポップアップ
 
 Alt-S-Up: 選択範囲を外に広げる
 Alt-S-Left: 選択範囲を上の兄弟に広げる
 Alt-S-Right: 選択範囲を下の兄弟に広げる
 Alt-S-Down: 選択範囲を縮める
 Alt-Up, Alt-Down: 選択範囲を上下に移動
 
 C-/: 選択範囲へコメントを ON/OFF
 C-S-/, C-S-\: 選択範囲へブロックコメント(/*...*/)を ON, OFF
 
 C-S-d: ScrapBook において、実行と表示
 C-u:   ScrapBook において、実行
 
 F11, S-F11: 前回の構成でデバッグ, 実行
 C-S-B: breakpoint の ON/OFF
 C-S-I: 式の値の表示/リストへの追加
 F5: ステップイン
 F6: ステップオーバー
 F7: ステップリターン
 F8: 再開

特に、C-. と C-, による前後へのナビゲーションは要チェック。エディタ内では、ツールバー内の「次の注釈」「前の注釈」ボタンの脇のドロップダウンで選んだ対象について、前後の該当する対象までジャンプします。デフォルトでは警告とエラーが選ばれているはずなので、エラーが発生した場合には C-. でジャンプしていくことが可能です。また、検索結果 View にフォーカスがあたっている場合は C-. と C-, は検索結果を順にジャンプしていきます。検索結果を順番に確認したい場合にとても便利です。