読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラウザ上でノベルゲームを作成・共有するサービス

ゲーム開発

ブラウザだけでノベルゲームを作成・共有「まぜまぜのべる」 - ITmedia ニュース で知ったのですが、京都創楽というベンチャー企業が「まぜまぜのべる」というサービスを始めたとのことです。現在βサービスということで、利用は無料のようですが、ユーザ登録の際に本名や生年月日の他に住所まで記入させられるのには参りました……。何に使うんでしょうね。

ユーザ登録の障壁はともかくとして、実体はなかなか新規性がありまして、Flash を使用しない、完全に Ajax ベースのノベルゲーム作成・共有サービスです。チャプターという単位でシーンを管理し、各チャプターごとにパネルプログラミングっぽい方式で画面表示やセリフのイベントをドラッグ&ドロップで並べていく形で作成します。

Flash ベースのノベルゲームエンジンと比べると当然リアルタイム性に劣りますので、エフェクトなどはかなり残念なことになってしまっています。しかし、作成とプレビューの繰り返し作業から、完成したゲームのプレイまで、ブラウザで完結していますので、手軽に利用できるのはいいかもしれませんね。

機能面にしても、正直なところ、NScripter や吉里吉里などと比べてしまうと、まだまだといった感じですが、今後の発展が楽しみではあります。扱えるコンテンツの量が増えて、さらにチャプター間のフローチャート作成機能なんかも出来てきたりすると、もっと化けるかもしれません。それまでに画面表示周りや、変数などの仕様など、改善しないといけないポイントはたくさんあるのですが……。

ただ、サービス開始時点で、背景・キャラクターの立ち絵・BGM・SEといった素材が豊富に準備されているのは、非常に好感触です。吉里吉里などのフリーのツールがあっても、それに載せるいい素材が見つからずに諦めてしまう人も多かったはずですので、そこに対するケアは重要ですよね。

また、コンテンツをしっかり共有するために、素材やゲームにタグを付けられるようにしたり、ゲームごとにネタバレ・ネタバレ無しの2種類の掲示板を自動的に作成するようにしたりと、さまざまなケアを行っているのもよいですね。サービス運営側としては、コンテンツの作者と読者を繋ぐ SNS としても機能させたいようです。

プロフェッショナルのツールという観点からは少し外れたサービスですが、ノベルゲームのUGC化がうまく行くのか、今後のサービスの展開が楽しみです。

うーん。でも、やっぱりユーザ登録で住所を入力させるのはハードル高いと思うんですけどね……。不要な情報を集めてしまうと、個人情報の管理リスクもバカにならないと思うんですが。うむ〜。

追記

Flash 版のプレイヤーで遊べるようになったようです。これで「ノベラル」と同等かも?