読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

豪華な講師&パネラーのSIG-GT勉強会「ゲームにおけるスクリプト言語の現状」

ゲーム技術

2009年1月17日(土)に、新宿にて IGDA 日本のゲームテクノロジー分科会 (SIG-GT) の勉強会が開催されます。テーマは「ゲームにおけるスクリプト言語の現状」です。

講演が2件とパネルディスカッションという構成になっています。講師は Luaによるゲーム開発本 の著者のはむ!さんと、ECMA Script のゲーム組み込み向けオープン実装 CriScript の作者である Hak さん

パネルには、さらに豪華なパネラーが加わります。まず、オープン実装系から、Xtal開発者であるバンナムの石橋さんと、(厳密にはオープンではないですが) NScripter の高橋直樹さん、それに、CEDEC でSquirrel を使ったゲーム開発という講演をされた、スクエニの神尾さん。

そして、内製スクリプトエンジン系では、サクラ対戦3〜5のプログラマであるセガの秋葉晴樹さん。また、今回のコーディネイターの小久保啓三さんは現所属は HAL 東京ですが、スクウェア在籍時代にはクロノトリガーやFF7を開発されていた方です。

これまで、ゲーム開発界隈でのスクリプト言語の話題といえば、海外 FPS での Lua 採用事例の紹介などが主でした。ゲーム内スクリプトに絞って、オープン実装から内製エンジンまで集まって話し合うことは、日本では初めてではないかと思います。今から、どんな勉強会になるか楽しみです。

詳細と申し込みは、こちらから。

同時開催:コクーンタワー見学ツアー

会場提供の HAL 東京さんのご厚意で、新宿西口の高層ビル街に唐突に建っているコクーンタワーの見学ツアーもあるそうです。申し込みは別にこちらから。定員はこちらの方が少ないようです。