読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

finkからHomebrewへ

Mac で非標準なコマンドをインストールするときに、これまでは fink を使っていたのですが、Homebrew cask が使いたくなって、brew に転向することにしました。

fink のアンインストールは /sw を消せばよいだけでお手軽だったのですが、brew doctor してみたら、誰がインストールしたか不明な /usr/local/bin/node があって困ったりと、いろいろありました……。

(該当しそうな node-*.pkg がディスク上に残っていたので、それを再インストールして /var/db/receipts/org.nodejs.pkg.bom の情報を使って削除)

ようやく brew doctor がクリーンになったので、早速 brew install ricty しようとおもったら、pango のインストールでドはまったり。

最終的には brew install --universal gobject-introspection を事前にしておくことで解決したのですが、一体何が機嫌を損ねた原因だったのか、未だに分かっておりません。

こういうトラブルに遭いたくないので、メジャーな環境とメジャーなパッケージマネージャーを使いたいのに、早まったでしょうか……。

Emacs も brew から入れてみました。 brew install --with-cocoa --japanese emacs Emacs にはパッチ盛りだくさんの Emacs Mac Port バージョンもあって、 brew install railwaycat/emacsmacport/emacs-mac で入れることもできます。違いは http://www.sevencredit.com/2014/07/02/580/ が分かりやすいかと。